074 RAW現像ではシャープ処理では必須です

c0288212_15111688.jpg

JPEG画像の場合は、カメラ内でそれなりのシャープ処理がなされています。
しかし、RAW現像は原則的には何もカメラ内では処理がされていませんから、もともとぼんやりした
画像です。CameraRawではそれでは困るでしょうということから多少のシャープ処理をしていますが、
やや遠慮に気味です。そこでCameraRawを使用する場合は、このシャープ処理が必須となります。
その方法を下記に掲載しました。
シャープ処理と画像の荒れは、裏腹の関係です。シャープにすると画像が荒れます。その辺の兼ね合
いも書いてあります。

詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_074/
# by ikinari_raw | 2014-12-09 15:03

073基本補正をもう一度・中級編

c0288212_19475442.jpg

少しややこしい光の状況の下での基本補正をやってみましょう。
基本補正は画像全体に対する補正なのですが、やはり部分的な補正も必要です。
その辺りを取り纏めて説明します。

http://www.joytothecamera.com/RAW_073
# by ikinari_raw | 2014-11-06 19:48

072 基本補正をもう一度・初級編

c0288212_1858973.jpg

これまで、なんどかCameraRawの基本補正について説明してきましたが、やはり
ここは。ホワイトバランス、明るさ、彩度等を調整する一番大事なところなので、改
めてまとめてみましょう。
ここでは、光の状況が複雑では無い=RAW現像しやすい画像で説明します。
詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_072
# by ikinari_raw | 2014-11-06 18:59

071 四隅を塗りつぶす方法

c0288212_18481199.jpg

傾きを正すと四隅に隙間ができてしまいます。その内側でトリミングして切り落としてしまえば
問題はありませんが、切り落すと写真として成立しない場合はどうするかです。
その場合の対策を下記に記載しました。

http://www.joytothecamera.com/RAW_071
# by ikinari_raw | 2014-11-06 18:50

070 水平垂直を正す方法

c0288212_184043.jpg


写真を慣れた肩は、写真が僅か0.5度傾いていても気がつきます。
意図的で無い限り、傾いている写真はその作品性を失うことになりかねません。
CameraRawにおいてこれを正す方法がいくつかあります。
①トリミング時に行う方法
②角度補正ツールを使用する方法
③レンズ補正・手動にある角度調整を使用する方法
④アップライト機能を使う方法

詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_070
# by ikinari_raw | 2014-11-06 18:41

069 明瞭度をマイナスにしてみる

c0288212_169378.jpg

明瞭度は中間調のコントラストを高めます。一般的にはこれをマイナス側にすることは
滅多にありませんが、試しにやってみましょう。メルヘン調の写真になります。

http://www.joytothecamera.com/RAW_069
# by ikinari_raw | 2014-11-06 16:09

068 プリセットを活用したRAW現像の例

c0288212_15565176.jpg

プリセットを使用すると、数多くの項目の設定を一瞬でできます。これを上手に使うと
JPEG画像をPhotoshopで補正するよりも圧倒的に早くRAW現像できるます。

詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_068
# by ikinari_raw | 2014-11-06 15:57

067 CameraRawのメニュー一覧

c0288212_15433848.jpg

CameraRawを開いて驚くのは、文字で表示されるプルダウンメニューが殆どありません。
そういう方式に慣れている身にはどこから手をつけていいのか、とまどいます。
しかし、慣れてしまえばアイコンのメニュー方式は大変に使いやすいです。
CameraRawは固定ウインドという今時のアプリとしは珍しい方式です。いつも全画面が表
示されていますから(フローティングウインドはとかく画像を隠してしまう)よりも使いやすい
です。
なお、メニュー一覧は機能概要としてもお役に立つと思います。

この使用祭は下記をご覧ださい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_067
# by ikinari_raw | 2014-11-06 15:43

066 初めてのBridgeCC

c0288212_15123375.jpg

PhotoshopCC2014を購入したとします。(現状はインターネットダウンロードのレンタル方式)
これには、BridgeCCというアプリが付属していますが、どのようにして使用するのか全く見当が
つかないと思います。
CameraRawとか言うソフトを立ち上げる方法も分かりません。
実は、このBridgeCCはRAW現像の最大の難敵なのです。
しかし、使い慣れるとこんなにも便利なアプリは他に無いなぁ、Finderもいらないかも(Macの
場合)と実感するでしょう。

 このBridgeCCの基本的な使い方を説明します。
詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_066
# by ikinari_raw | 2014-11-06 15:13

065 RAW現像画面の周囲にある補助的機能の説明

c0288212_14483739.jpg

CameraRawのRAW現像画面の周囲には、沢山の補助的な機能・その項目があります。
これを正しく理解しておくと、大変に便利ですが、うかつに使用すると大変なことになる項目もあ
ります。

以前にこのことについては、本ブログに掲載しましたが、CameraRawの機能がアップグレードし
ているので、作り直して再掲載しました。

この詳細は下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_065/
# by ikinari_raw | 2014-11-06 14:45

064 補正前と後の比較表示

c0288212_14144280.jpg

暫くぶりに投稿します。
2014年4月2014年4月より、CameraRaw8.4から、補正前後の比較表示が可能となりました。
LightRoomには元々この機能があったのですが、CameraRawにも組み込まれたということです。
実際のRAW現像においてこの機能を使用することは無いでしょうが、私の様にRAW現像の使用
方法を説明する場合、RAW現像の良さを伝えるにはとても効果的だと思います。
以降の内容には多用するつもりです。

詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_064/
# by ikinari_raw | 2014-11-06 14:16

063 JPEGもRAW現像できる

c0288212_22245818.jpg

実はJPEG画像もRAW現像できます。
その利点は、トーンカーブ、マスク、レイヤーとかのとてもやっかいな操作をしなくてもいいと
いうことです。
次には、補正内容を記録でき、必要に応じて再補正できることです。
但し、色温度が相対形式ですから、色調の調整に限界はあります。また、ダイナミックレンジも
狭いでしょうし、8ビットの筈ですから極端な処理を行うと破綻しやすいでしょう。
RAW現像したファイルを保存するときに、同一名で保存するとRAW現像したときの内容は失わ
れてしまいます。

詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_63

なお、JPEGでもRAW現像できることについては、あくまでもCameraRawにてのことです。他の
RAW現像アプリについては調べてありません。
# by ikinari_raw | 2014-02-03 22:27

062 RAW現像見本 除去するより活用

c0288212_2222267.jpg


062及び061項では、、写真中の不要物を除去する方法を説明しましたが、これはそのようなこ
とができるという事であって、決してお薦めしているわけではありません。
むしろ、そこにある物を邪魔とは思わずに、むしろ活かすべきと考えます。

その考え方に沿って、耕耘機に寄りに寄ってハンドルを主役にして白川郷の合掌造りを遠景にし
てみました。

個人的な感想ですが、RAW現像済みの写真は、生活感がある風景写真に、力もある写真になった
ように思います。
何よりもいいのは、ちょっと見た目には何の写真なのか、何を言いたい写真なのかが分からない
ことです。
違う言い方をすれば、善し悪しと意味性は、写真を見る方の想像力(妄想)に委ねた(甘えた)
ということになりました。

不要物のを除去するよりも活用した方が(自己)満足度が高い写真になるという例ではないでし
ょうか。

詳しくは、下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_62
# by ikinari_raw | 2014-02-02 22:27

061 どちらのスポット修復がよいか

c0288212_2393476.jpg

前項では、CameraRawのスポット修正機能を利用してのゴールポストの除去を行いました。
これに似て、意図に反する物が写り込んでしまうことはよくあることです。
写り込んだ物を除去する事の是非はともかくとして、その除去はPhotoshopCCのスポット修正
と、CameraRawのスポット修復(微妙に言葉違うのは何故?)ではどちらが上手く除去できる
か、その良否を試してみます。
結論から言えば、PhotoshopCCの方に分があります。しかし、CameraRawの方は、後に思い
直してやり直すことができます。
詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_61
# by ikinari_raw | 2014-02-01 23:04

060 大きなゴールポストを除去して華やかなチアーリーダー写真にする

c0288212_21371052.jpg

上の写真の左は、ニコンD800Eにて撮影したままのJPEGの写真です。露出は合っているものの、
大きなゴールポストが目障りな上に、写真そのものに華やかさが足りず、チアーリーダー写真に
はふさわしくありません。
そこで、これを上の写真の左の写真の様にRAW現像してみました。
詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_60
# by ikinari_raw | 2014-01-31 21:41

059 花火でサムネイルが壊れたのか?

c0288212_2329199.jpg

c0288212_2330569.jpg


RAW現像に慣れてしまえば、かつては良く使ったトーンカーブはもはや不要と感じます。
赤上げて青下げてなんて何かのゲームをしていたよう。あれでよくぞ色味の調整を行っていた
ものと思います。

さてそのトーンカーブですが、波打たせてみるとソラリゼーションのような効果となります。
これが写真かと言えるかどうかは疑問ですが、面白い物があります。しかし、CameraRaw
においては更に面白いのは、そのRAW現像の結果とサムネイルが異なってしまう現象が生じま
す。

上記の1枚目はRAW現像済みの画像、2枚目はBridgeCCに表示されるサムネイルです。
全てこのようになるかというとそうでもありません。大変に不思議な現象です。

詳しくは下記を参照してください。
http://www.joytothecamera.com/RAW_59/content/index.html
# by ikinari_raw | 2014-01-30 23:38

058 PhotoshopCCをアップグレードできないことへの対応

c0288212_22284377.jpg

(この項は、2013年12月の出来事を2014年1月に投稿しています)

PhotoshopCCをAdobe Application Managerを使用してアップデートしようとしましたが、
上記の画像にあるメッセージが表示されて、これを実行することができませんでした。

Adobe Application Managerがもしかしたら旧版になってしまっているかもしれないと思い
これを最新版にアップデートし、再度PhotoshopCCのアップデートを行いましたが、やはり
NG。

以前・8月時点では問題なくアップデートできたのに不思議。その後に何か変化があったのか
を考えてみると、アドビ社は2013年12月に不正なアクセスにより顧客の銀行口座やそのパス
ワード等を盗まれた、銀行口座の内容を調べて欲しいとの紙のメールが来ていました。

このメールには、上記のような手続きの変更、対応方法については、一切書かれていなません
でした。

ならば、パスワードの変更をすれば良いのかと思い、Adobe Application Manager上からこれ
を行ってみましたが、これでもNG。

そこでアドビ社に電話するも出ない、チャットしたら担当者が何も分からないらしく解決でき
ませんでした。そこでああだこうだと色々と試して自力解決した次第。同じ問題を抱えている
方にはこの解決方法がご参考になるかと思い、下記に記載します。

●解決方法

(1)Adobe ヘルプ&サポートのサイトを開く
http://helpx.adobe.com/jp/support.html

(2)「お客様情報に関する重要なお知らせ」をクリック

(3)お客様情報のセキュリティに関する重要なお知らせ(アドビハック)というサイトが開かれる

(4)「ご対応のお願い」の「Adobe IDパスワードを変更する」をクリックする

(5)「サイインインできない場合」というサイが開かれるので、ここでAdobeに登録してあるメ
  ールアドレスを入力する

(6)「Adobe IDのパスワードを再設定してください」というメールが来る

(7)このメールにある「再設定のリンク」をクリックする。

(8)バスワード再生設定をお願いします」というサイトが開くので、ここで新しいパスワードを
 入力する。

(9)Adobeより「Adobe ID のパスワードが変更されました」というメールが来る。

(10)改めて(注1)Adobe Application Managerを立ち上げ、メールアドレスと新規のパスワード
  を入力する。

  その後で、PhotoshopCC、BridgeCC、Lightroom5(注2)、PhotoshopCS6
  (注3)等のアップデートをクリックすれば自動的にアップデートされる。

(11)2台目のパソコン用のアップデートは、上記のような面倒なことは何もしなく
  てもAdobe Application Managerを立ち上げるだけで、全て完了する。

(注1)もしも既にAdobe Application Managerが立ち上がっていたら、これを一旦クローズして、
  再度このアプリを立ち上げること。そのアプリが開いていると、新規のパスワードを入力し
  ても「内部エラー、サインインできません」の表示が出てしまう。

(注2)未だにLightroom5はインストールさえできない。使っていないからどうでもいいが。

(注3)PhotoshopCS6の方が表示がCCよりも綺麗(同CCはノイズが無いのにあるように見える)、
  CCになって「出力」という項目が無くなったために、PhotoshopCS6を併用している。

以上。
# by ikinari_raw | 2014-01-30 22:50

057 いつの間にかアイコンのデザインが変更になっていた

c0288212_23211428.jpg

(この項の作成は2013年9月です)
PhotoshopCCの申し込みは5月であったので、まさかPhotoshopCCのアップグレードがあるなんて
考えてもいませんでしたが、なんとなく更新してみましたら、CameraRawのアイコンが変更になっ
ていました。
多少デザイン的に良くなったかもしれませんが、見慣れるのに少し時間が掛かってやや迷惑なこと
でした。
RAW現像の機能としては何も追加も変更もないようです。

なお、PhotoshopCCではなく旧版のPhotoshopCS6のCameraRawのアイコンもいつの間にかそれと
同じように変更になっていました。
で、これは何かあるのかとアドビ関連のサイトを見てみましたら、PhotoshopCS6でも新たな
CameraRawのアップグレードを実施し、新しいカメラを買ってもPhotoshopのアップグーレード
をする必要がないのとのこと。

私に言わせれば、Photoshop・CameraRawの最大の欠点は、「新たにカメラを購入する度に
CameraRawの更新=大抵の場合はPhotoshopのアップグレードをしなくてはない=カメラ以外にも
多額の出費を必要としていた」ということでした。
これからはPhotoshopCS6で新カメラを買ってもお金は掛からないらしいです。
しかし、既に新カメラ購入毎の費用も一つの理由としてPhotoshopCCにしたのである身からすれば、
今更そうなっても嬉しくないです。
まぁ、円形フィルター等のいい新機能もあるので、PhotoshopCCへの切り替えは失敗とは思っては
いませんが・・・。

詳しくはhttp://www.joytothecamera.com/RAW_57をご覧下さい。
# by ikinari_raw | 2013-09-15 23:03

056 CC版の新機能の取り纏め

c0288212_18111585.jpg

PhotoshopCC、これに付随するCameraRaw、BridgeCCの新機能の使用感についてまとめてみま
す。

●CameraRaw関係
 (1)円形フィルター
    これはとても使い勝手がいいです。なによりも表現の幅が拡がった感があります。

 (2)アップライト機能
    以前の手作業による補正よりもとても便利になりました。但し、どのような場合には有効と
    いう訳ではありません。期待しすぎないように。

 (3)任意形状が可能となったスポット修正
    以前は円だけでとても使いにくいものでした。この必要があるときにはPhotoshop上のスポ
    ット修正ツールを使用していました。しかし、任意の形状の補正ができるようになり、大変
    使い勝手が良くなりました。Photoshopの同様機能を使う必要が無くなりました。
    但し、純写真としては写っている何かを消したり、コピーすることは問題があると考えます。
    せいぜい、芝生の上に落ちている小さなゴミを消去とか程度にしておくべきかと思います。

 (4)スポット修正でダストの表示が可能に
    今までは、撮像素子(CCD、CMOS)にダストが付着している時には、画像を大きく拡大
    して一々探し出す必要がありました。このダストを簡単に表示し確認できるようになりま
    した。もしもコンテストとか第三者に写真を提供する時にはとても楽になります。
    なお、この機能でダストが散見されるようになったら、直ぐにでもカメラメーカーのサー
    ビスセンターに行って、撮像素子の清掃(ローパス清掃)をして貰った方がいいでしょう。

●BridgeCC関係
 (5)  なんとBridgeCCから「出力」という機能が削除されてしまいました。アドビは何故にこの
    機能を無くしてしまったのでしょうか。全ソフトウェアをCC形式で契約している人の場合
    は他のツールで同じようなことができますが、PhotoshopCCのみの契約の人には大変に困
    った問題です。
    当面の対策としては、過去のPhotoshopCS5・同CS6は削除せずにいつでも使えるようにし
    ておくしかないです。
    PhotoshopCCから始めてBridgeCCを使い始める人には、対応策は無いです。

●PhotoshopCC
 (6)PhotoshopCCにCameraRawフィルター
    Photoshop上でも、RAW現像的な処理ができるようになりました。
    一見役立ちそうですが、Photoshop上で補正処理をしているということはRAW現像の方法
    を知らないのですから(PhotoshopとCameraRawは考え方も操作も大違い)、どのように
    使ったらよいのかちんぶんかんぷんの筈。
    またデータ形式はJPEGでしょうから、ビット数は8、ダイナミックレンジも低いですから、
    できることに限界があります。

 (7)スマートフィルター
    CameraRawのシャープネスはそれほど効果があるものではありません(それでもいいよ
    う撮る時にしっかりと撮っておくべきでしょう)。それを補完するという意味では役立ち
    ます。
    Photoshopのみで補正する方にとっては、従来のどのシャープ処理でも必ずノイズが発生
    してしまい、それを少なくするすべがありませんでしたから、その点ではスマートシャープ
    はお役立ちです。

以上のサンプル画面はhttp://www.joytothecamera.com/RAW_56をご覧下さい。



 
# by ikinari_raw | 2013-09-15 18:12

055 もう一度、スマートシャープ

c0288212_20462445.jpg

c0288212_2114732.jpg


先に、PhotoshopCCのスマートシャープを試してみて余りいい感じを持ちませんでした。
しかし、サンプルが適当ではなかったか、パラメータの与え方が良くなかったかもしれないと思い
ました。そこで、もう一度やり直すと同時に下記の3種類のシャープを試してみることにしました。

(1)CameraRawのシャープ
(2)PhotoshopCCのスマートシャープ
(3)PhotoshopCCのアンシャープ

結論的には、CameraRawのシャープは強くはありません。ですが、撮影時にっかりと撮っておけ
ば、この程度のシャープで充分でしょう。

PhotoshopCCのスマートシャープは、かなり強力です。しかも、CameraRawと同様ににシャープ
とノイズの関係を同時に目視できます。ピントは甘いけど、大事な写真を生き返らせるには大変に
有効かと思います。しかし、処理時間が掛かるので、特別の1枚に限定するか、パソコンを最速のも
にするか、あるいはバッチ処理でバックグラウンド処理に委ねるかです。
あるいは、ここに示した例で言えば、口・目・光り物等に限定して処理するとい方法もあります。

なお、スマートシャープを使用する上で一番大事なことは、「量」を大きくするよりも「半径=2」
とすることのようです。過去、シャープ処理にこのような大きな半径を使用したことがないので、
こうであるとは気がつきませんでした。

アンシャープマスクは、従来からあるシャープの方法です。比較的ノイズが少ないとは言われてい
ますが、CameraRawのシャープやスマートシャープよりはノイズが多いですし、最大の弱点はノ
イズを押さえる機能が無いことです。

詳しくはhttp://www.joytothecamera.com/RAW_55をご覧ください。
# by ikinari_raw | 2013-08-03 20:54

054 複数枚写真のダストを効率良く除去する方法

c0288212_2016863.jpg

053話では、スポットの可視化を利用して、手早くダストを見つけて除去する方法を説明しました。
ここでは、スポットの可視化と共に同期や複数枚の写真を同時指定して、より効率的にダストを除去
する方法を説明します。
詳しくはhttp://www.joytothecamera.com/RAW_54をご覧下さい。
# by ikinari_raw | 2013-08-01 20:19

053 新機能・スポットの可視化

c0288212_12531399.jpg
c0288212_1183727.jpg

特に風景写真の場合は、絞り込んで撮影することが多ために撮像素子であるCCD(今はCMOS)に付
着したダストや結露の跡等が写真に写り込みやすく、しかも青空等のフラットな部分が多いのでので
これが目立ちます。
従来のCameraRawでもこれを除去することはできましたが、そのダスト等をモニター画面を目視で
探さねばならず、面倒もあり、目の健康にも良くありませんでした。
CC版では、スポット修正の項に「スポットを可視化する」の機能が追加されて、この探し出しが大変
に楽になりました。この方法でゴミ等を探してみると、こんなにもあったのかと驚かされるほどです。
この事例をhttp://www.joytothecamera.com/RAW_53に掲載しましたのでご覧下さい。
# by ikinari_raw | 2013-08-01 11:09

052 任意形状が可能となったスポット修正

c0288212_1594275.jpg

スポット修正という機能は、写真から不要なものを消したり、コピーしたりする機能です。
従来は、その範囲選択は円形に限られていて、しかもブラシサイズの変更等が面倒だったりしていま
した。それで電子ブック「いきなりRAW現像」では使わない方がいい、同じことをするならば
Photoshop本体で行った方がいいと書きました。

CC版のCameraRawでは、任意形状で範囲選択ができるようになり、かなり使い勝手が良くなりま
した。ようやく使えるようになったという感があります。

もっとも、写真から不要なものを消したり、コピーしたりするという行為そのものは、私としては
賛成できません。何か特別な理由がない限り、このようなことはすべきではないと思っています。

但し、その是非論は別としても次の053話と054話にあるように、別のことからかなり重要な機能
です。ぜひこの機能をマスターして欲しいのです。
詳しくは、http://www.joytothecamera.com/RAW_52をご覧下さい。
# by ikinari_raw | 2013-07-31 02:00

051 アップライト機能をもう一度

c0288212_1924561.jpg

c0288212_1932512.jpg

044話では、レンズ補正機能のアップライト機能を紹介しました。
その時に、従来通りに先ずは写真の傾きを正してから、そのアップライト機能をするべきとして
説明しました。
ところがどうやらその必要は無いようです。ということで便利な機能だなあと感じました。
しかし、うまくいかない写真もありでした。
まぁ、こういう機能もありで、ケースバイケースで使っていくといいかもと感じた次第。
その詳細な内容はhttp://www.joytothecamera.com/RAW_51に記載しましたのでご覧下さい。
# by ikinari_raw | 2013-07-30 17:59

050 円形フィルターの実用的な使用例

c0288212_17363521.jpg

43話でPhotoshopCC・CameraRawの新機能として円形フィルターを紹介しましたが、この時は
本当に有効な使い道があるのか、やや疑念がありました。
その後、この円形フィルターはかなり使えるなと感じています。その一例として富士山を背景に
した記念写真への円形フィルターの使用例を掲載してみました。

夏の半逆光、周りが明るい、特に白い日傘の陰、絞り優先という自動露出、レフ板無し、アクティ
ブDライティング(ニコン用語)無しでJPEGであれば、お顔が真っ暗の撮り損ない写真となります
が、RAW現像を前提と撮影しているので、この程度のことはRAW現像で解決するとして撮り直し
はしませんでした。
そして今まで通りのRAW現像でもかなりいい結果となりました。

しかし、ここに円形フィルターを二重に使用するとさらに良くなるという例です。
詳細はhttp://www.joytothecamera.com/RAW_50をご覧下さい。
# by ikinari_raw | 2013-07-24 17:39

049 CameraRawの補助的機能の全て

c0288212_23585883.jpg
CameraRawのRAW現像のハウツウは、そのパラメータをいろいろと試行錯誤でいじってみれば、
その内に段々と分かるでしょう(但し、無用の時間を過ごすことになるのでお急ぎの方用として
「いきなりRAW現像」を用意してますが)。

でも、BridgeとCameraRawの補助的機能は、試行錯誤ではわからないことが一杯の筈です。
しかも、知らなくても良い、絶対に使わない機能もあるし、ソフトのバグと思われることもあるの
で試行錯誤が無駄になります。
(注:Bridgeの使用方法は、040項をご覧下さい)
そこでhttp://www.joytothecamera.com/RAW_49に詳しく書きましたので、見て下さい。
# by ikinari_raw | 2013-07-21 00:01

048 ビビッドを少し詳しく

c0288212_2129104.jpg
恐らく大半の方々は鮮やかな写真を好まれると思います。
となると撮影時のカメラの「ピクチャーコントロール(メーカーにより呼称が違うことあり)」は
「ビビッド(鮮やか)」を選択しているのではないでしょうか。

JPEG画像はその指定通りビビッド(鮮やか)になりますが、RAW画像は何事もなかったような眠い
ぼんやりした写真のままです。RAW現像をご承知の方にはそれは当たり前のことでしょうが、慣れ
ない内は何か変と感じるかもしれません。

またビビッドは現実の色味とはかなり違っています。それを良しとするかどうかは別としてこのビ
ビッドのことについて私が経験的に知り得たことをまとめてみました。
詳しくはhttp://www.joytothecamera.com/RAW_48をご覧下さい。
# by ikinari_raw | 2013-07-12 21:18

047 BridgeCCには「出力」が無い

c0288212_2154257.jpg

CameraRawにしてもPhotoshopCCにしても、Bridgeがあればこそのアプリです。それほどにも
Bridgeは重要です。
このBridgeCCには、なんと今まであった「出力」という機能が無くなってしまいました。
私にとっては大問題です。と言うのは、ここで皆さんにご覧いただいている詳細部分のスライド
は全てBridgeの「出力」機能を使って作成しているのです。
他にも、複数枚のPhotoshop画像を取り纏めて電子ブックを作成することにも使っています。
ということで、永久に旧バージョンのBridgeCS6を使い続けなくてはなりません。
PhotoshopCS5や同CS6を使用されていて、まだこの出力機能を使用されていなくても、いつ必
要になるかもしれません。PhotoshopCCに慣れたからといってもBridgeCS5やCS6は消去しな
い方がいいと思います。
CCから始めてRAW現像をされる方にはなんのこっちゃいという話しでしょうが・・・。
詳しくはhttp://www.joytothecamera.com/RAW_47/をご覧下さい。
# by ikinari_raw | 2013-07-02 12:38

046 PhotoshopCCのスマートシャープとブレ軽減

c0288212_16411598.jpg
c0288212_16405947.jpg

PhotoshopCC本体に「スマートシャープ」と「ぶれの軽減フィルタ」ができました。
CameraRawにおけるシャープ処理はそれほどには強力なものではありません。
また最近の高画素デジタルカメラの「小絞りボケ」の発生が気になります。
(ニコンD800Eの場合はF16以上に絞るとピントが大幅に甘くなるので、風景写真撮影に困る)

そこで、PhotoshopCCに新たにできた「スマートシャープ」と「ブレ軽減」機能が有効なのかどう
かを検証してみました。
使い方を熟知していないせいか、従来のアンシャープマスク処理よりもややいい程度にしか思えま
せん。
それにしてはもの凄く処理時間が掛かります。善し悪しの意見は分かれるでしょう。
そもそもこれに頼るよりも、しっかりと撮っておくべきでしょうね。
詳細はhttp://www.joytothecamera.com/RAW_46/をご覧下さい。
# by ikinari_raw | 2013-07-01 16:42

045 PhotoshopCCのCameraRawフィルターを検証してみる

c0288212_161375.jpg

PhotoshopCC本体の中に、RAW現像のような機能としてCameraRawフィルターができました。
もしもこれが有効な働きをするのであれば、もはやCameraRawを使用する必要は無くなります。
大変に気になりますので、PhotoshopCCのCameraRawフィルターを検証してみました。
結論としては、このフィルターではRAW現像パラメータは記録として残らないし、何よりも思い
通りの色味・明暗等の調整ができません。使い物にはならない機能でしょう。
詳しくはhttp://www.joytothecamera.com/RAW_45/をご覧下さい。
# by ikinari_raw | 2013-07-01 16:04