<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

094 ヒストグラムの▲マークについて(その1)

※少し大きめの画像で詳細説明をご覧なりたい方は、下記をクリックしてください。
http://www.joytothecamera.com/RAW_094/

ヒストグラムの左右の上に(赤枠内)▲マークがありますが、この役割が何なのかご存知でしょうか。
c0288212_22523295.jpg


一つの役割は、この▲をクリックすると白飛び、または黒つぶれしている、しそうな個所、左の赤い部
分が白飛びであることを表示することです。
(注:白飛びとは、色の輝度を0から255の256段階として255、つまり真っ白になってしまい、色が
無くなっている状態を言います。色が飽和している、あるいはクリッピングとも言います。
黒つぶれはその値が0で真っ黒で同様に色が無くなっていることです)
c0288212_22583537.jpg


左側の▲マークをクリックすると、黒つぶれしている、しそうな個所を示してくれます。
c0288212_2302879.jpg


当ブログをご覧いただいている皆様ならば、ここまではご存知のことと思います。
実はこの▲マークは、色が変化しています。なんとなく不思議な気がします。
色々と調べてましたが、明確な説明が見当たりませんでした。そうなると、結果はともあれ探って
みたくなります。

全部で7色あります。以下は筆者の探索によるものです。
白色:赤(R)・緑(G)・青(B)の3色共に白飛び(輝度255)、または黒つぶれ(輝度0)している
黒色:赤・緑・青の3色共に白飛びも黒つぶれもしていない
赤色:赤のみ白飛びしている、または黒つぶれしていている
緑色:緑のみ白飛びしている、または黒つぶれしている
青色:青のみ白飛びしている、または黒つぶれしている
黄色:赤と緑の2色が白飛びしている、または黒つぶれしている
ピンク色:赤と青の2色が白飛びしている、または黒つぶれしている
青緑色:緑と青の2色が白飛びしている、または黒つぶれしている
(注:なお、輝度が255、0のピクセルが一つでもあれば白飛び・黒つぶれとなるようです。
また、絶対的に255、0ではなくてもそれに近い場合も白飛び・黒つぶれとなるようです)

下記のように露光量で▲マークの色が変わります。
c0288212_2365985.jpg

c0288212_23105821.jpg

c0288212_23111598.jpg

色温度や色かぶりの補正でも▲マークの色は変わります。他の項目でも変わります。
で、この色の変化が何か問題かと言うと実はなにもありません。単なる目安に過ぎないので
余り気にする必要は無いです。
c0288212_23122564.jpg


たまたま、白飛び・黒つぶれは良くない、正しい色にはならないから絶対にダメとの意見があ
りました。ついでにこれも調べてみましょう。

下記の画像は撮影したままでRAW現像はしていません。被写体が地味なせいか、両方の▲
マーク共に黒、つまり白飛びも黒つぶれもありません。上記見解には理想的な画像です。
c0288212_23185888.jpg

ですが、例えばカメラキャリブレーションでビビッドを選択しただけで、左の▲マークはピンク色
になってしまいます。白飛び・黒つぶれはダメにこだわるとRAW現像は殆ど何もできないという
ことになってしまいます。
c0288212_23161018.jpg


下記は元々派手な被写体なので、RAW現像をしなくても左右の▲マーク共に色が付いています。
c0288212_23244436.jpg


白飛び・黒つぶれダメを貫くとすると、彩度を極端に落とさねばなりません。こんな写真は誰も好
まないでしょう。
c0288212_23262794.jpg


やはりこの位にはRAW現像したいですね。
つまり、▲マークの色の変化、白飛び・黒つぶれしないようにと▲マークが黒であるようにするこ
とは、実際上はできない事ですから気にしなくて良いと思います。
ということで、ブログをご覧の方には何のお役にも立たない内容となりましたが、筆者としてはス
ッキリしました。
c0288212_2329391.jpg

by ikinari_raw | 2015-12-17 23:19

093 そぐわない背景を隠す

※少し大きめの画像で詳細説明をご覧なりたい方は、下記をクリックしてください。
http://www.joytothecamera.com/RAW_093/

前項092にて例示した写真に写っている背景は、とても変(前年度に不評だった背景をそのまま使用)。
キュートなお嬢さん達にしては、ステージの背景が不釣り合い。これをなんとかしたいと思います。
c0288212_15173949.jpg


例1:補正ブラシを使用しての(明瞭度・かすみの除去・シャープの組み合わせ)背景隠しする方法
c0288212_15162750.jpg


例2:円形フィルターと明瞭度、シャープの組み合わせ例
c0288212_15204730.jpg


例3:方法としては例2と全く同じ。
しかし、設定がかすみの除去だけでは奇妙な写真になってしまいます。
c0288212_15225496.jpg


そこで背景を暗くしてみたらどうかと・・。背景は見えなくなりましたが、これでは舞台上で踊って
いるようには見えません。
c0288212_15243980.jpg


変な背景を隠すことがこの項の目的ですが、むしろ逆に目立たせてもいいかなと考えを変えてみ
ました。
c0288212_15262998.jpg

by ikinari_raw | 2015-12-16 15:26

092 青空を復活させる方法

※下記のスライドを連続してご覧になる場合、少し大きめの画像をご覧なりたい方は、下記をクリック
してください。
http://www.joytothecamera.com/RAW_092/

1.左下の画像(空が白飛びしないようにとややアンダー目に撮影)を右のようにRAW現像。これを舞
台上のダンサーさんの明るさが程良くなるようにRAW現像すると、見た目よりも青空が薄くなってし
まいました(カメラは人の目よりも精密では無い)。しかもその部分が明るくてダンサーさんが目立た
なくなってしまいました。
これを何とかしましょう。
(ダンスグループ名は「Tulsi」です。横浜を中心にダンス活動しているとのこと。どこかで出演者名に
Tulsiの文字を見たら、見に行ってみましょう。
c0288212_0311124.jpg


2.ハイライトを大幅にマイナスにしましたが、それでも未だ空が明るいです。
c0288212_0322387.jpg


3.全体補正では限界があるので、空の部分の野補正をします。
補正ブラシを選択し、かすみの除去を+100として、雲の部分をなぞります。
なお、この様な部分はノイズが乗りやすいので、ついでにノイズ軽減もしておきます。
c0288212_033358.jpg


4.マスクを外してみると、これでは空の青が強すぎてダンサーさんよりも目立ってしまい
ます。
c0288212_0344547.jpg


5.この位で程良さそうです。
c0288212_0365231.jpg


6.ほんの一手間で青空が出てきました。
c0288212_0383041.jpg

by ikinari_raw | 2015-12-04 00:40

091 かすみの除去は色々と使える

かすみの除去が部分補正に使えるようになって、風景写真以外にも色々と使えるようになりました。
その例を下記に示します。具体的なRAW現像方は記載していません。後の項にてその詳細を書き
ます。
スライドを写真を続けて表示する場合は下記をクリックしてください。
http://www.joytothecamera.com/RAW_091/

1.室内写真に奥行き感を出す
壁も家具も白いお部屋を地明かり(蛍光灯)のまままで撮影すると左のように平たい写真になりがちです。これをかすみの除去により奥行き感がある写真にすることができます。
c0288212_1730717.jpg


2.仁王様の前の金網を薄くする
お寺の仁王様はとても魅力的。写真に撮りたくてもその前の金網があってうまく写せません。しかし、かすみの除去処理をするとその金網をほぼ消すことができます。
c0288212_17341391.jpg


3.紅葉未満のモミジをアートにする
元写真は紅葉になりきらないモミジの葉。かすみの除去をすると何かの背景に使えそう。
c0288212_17361072.jpg


4.フレアーを消す
レンズフードを付けていても時として半逆光状態ではフレアーが入って薄ぼんやりした写真になりが
ち。これもかすみの除去を行うとクリアーな写真になります。
c0288212_17395124.jpg


5.くっきり感があるモノクロ黒写真にする
カラー画像を単にグースケールにしただけでは、特に日陰とか曇り日に撮った写真は印象が薄くな
ってしまいます。これをかすみの除去によりクッキリさせます。
c0288212_1801856.jpg


6.雨日のイベントを華やかにする
小雨降る日に撮った写真はとかく沈みがち。華やかさも賑やかさも感じられません。
かすみの除去をすれば少しはそのようになります。
c0288212_17434211.jpg


7.薄曇りを青空にする
薄曇りの日の野外イベントで空を大きく入れると、空が白く明るくなってしまい、ダンサーさんが目
立たなくなってしまいます。そこで、かすみの除去により空に青みを取り戻しキレイに、かつダンサ
ーさんが目立つようにすることができます。
※写真中のダンスグループは横浜を中心に活動している「Tulsi」。筆者として特にお薦めのグル
ーブ。
c0288212_17462190.jpg


8.前のスモークを消し、後ろのスモーク効果を強める
(これはやや特殊な撮影状況かもしれません)
照明と効果に大変に凝った舞台です。見る方にとっては大変に良いことですが、写真にはつらいで
す。でも、かすみの除去を使えばダンサーさんのとカメラの間のスモークを取り除くことができ、し
かも照明効果を強めることができます。
※ダンサーはMANAさん。
c0288212_17523026.jpg


9.明るくなりすぎないコントラストにする
コントラストが撮ったままでは薄い写真になってしまうので、やはりコントラストを高くする必要が
あります。反面、明るい所が明るくなりすぎてしまいます。
かすみの除去を使用すれば程良いコントラストになります。見た目にはほんの少しの違いですが、
写真の作品性としては大変に重要なことと思います。
c0288212_17542129.jpg


10.撮り損ない写真を救う
スモークのせいでピントが甘くなってしまいました。との言い訳をしても失敗写真です。
かすみの除去を使って、これはアートだと言い張ることにしましょう。
c0288212_18481855.jpg

by ikinari_raw | 2015-12-03 18:00

090 Bridgeが使えなくなったら

希に下記のようなメッセージが出ることがあります。
c0288212_1747268.jpg


リンゴマークをクリックして、このMacについてを選択し、OSの表示を出します。
c0288212_17484418.jpg


中程にあるストレージをクリックすると、ハードディスクに空き容量が無いことが分かります。
c0288212_17523233.jpg


CameraRaw環境設定を開き、キャッシュを選択しキャッシュの削除をクリックします。
c0288212_17521386.jpg


警告が出ますが、委細構わずOKをクリックします。これでキャッシュを削除できます。
但し、パソコンがフリーズしたかと思えるほどの時間が掛かります。
c0288212_17534687.jpg


キャッシュの削除の終了後にストレージを見ると、キャッシュの部分が消去されたこと
が分かります。これで問題解決です。
c0288212_17545331.jpg


上記の画像を連続してご覧になりたい場合は、下記をクリックしてください。
http://www.joytothecamera.com/RAW_090/
by ikinari_raw | 2015-12-02 17:56

089 かすみの除去機能が部分補正でも使えるように

c0288212_15171121.jpg


c0288212_15204591.jpg


c0288212_15211775.jpg


CameraRaw9.0からかすみの除去機能が追加されました。これは大変に有効なツールです。
しかし、その効果が画像全体に及ぶので、写真によっては困る場合もありました。
CameraRaw9.2から、この機能が部分補正機能の円形フィルター、段階フィルター、補正ブラシの中でも
使えるようになりました。かすみの除去の効果の範囲を限定できるようになりました。
この機能の概要は下記をクリックしてください。
http://www.joytothecamera.com/RAW_089/
by ikinari_raw | 2015-12-02 15:19