<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

088 色温度はソフト毎にマチマチ

皆さんにRAW現像をお薦めしていますが、実は色温度について完全に理解している訳では無いので
す。高温の炎は例えばガスのように青い、ローソクの燃焼温度は低いので黄色ということまでは分かり
ます。

しかし、それがRAW現像の色温度になると数値が低い方が青で、高い方が黄色と逆転しいます。これ
で意味が分からなくなってしまっています。ですから、RAW現像の色温度調整は単にスライドバーの▲
印を左に寄せれば写真全体が青くなる、右に寄せれば黄色くなるとしているだけです。

RAW現像を始める前はJPEGで記録し、それをPhotoshopで調整していた時代には、カメラのホワイ
トバランスのプリセットで電灯とか晴天とかを選んだり、舞台公演の場合にはマニュアルで色温度の調
整をしていました。時にはホワイトバランスセッターなる小道具を使用したりしていました。
しかし、RAW現像以降は、カメラのホワイトバランスは全て「オート」です。

ということから、カメラの色温度とRAW現像用のソフトウェア上でのその数値がどうなっているかは、
全く気にしていませでした。

たまたまある事を検証するために、その数値を設定して撮影してみたところ、なんとカメラの色温度と
CameraRawのその数値が異なることに気がつきました。これにはビックリ。
他のソフトウェアはどうなのかと気になって調べて見ました。

その結果、手元にある8種類のRAW現像ソフトにおけるその値は物の見事にマチマチ、バラバラ。
例えば、カメラの設定を晴天(ニコンカメラの場合は5200ケルビン)とした場合、CameraRawでは
5050、CaptuerOneでは5480、Silkypixでは5268等々。
奇妙なのは、ニコンのCaptuterNX-D。5200が5215、5000が5005、4760が4763と僅かとは
言え、微妙に端数が付くのです。

色温度を入力してRAW現像することはないので、実質的にはこの数値が違っていても何の問題も無
いのですが、なんとなく気持ち悪い気がしています。この理由がなんなのか、知りたいものです。

下記1枚目は撮影時の色温度別の写真、2枚目はその相違をグラフ化したものです。
詳細はhttp://www.joytothecamera.com/RAW_088のスライドをご覧下さい。
c0288212_22592579.jpg

c0288212_2259555.jpg

by ikinari_raw | 2015-10-08 22:56

087 知人から喜びの声

知人・R氏が、1ヶ月位前に「いきなりRAW画像」を購入されました。
真っ白なので削除しようかと思っていた5年前の花火の写真、RAW画像したら真っ白な所から色を引き
出せた、暗い所を明るくできてとてもキレイな花火写真になった、写真の傾きも直せたと大変に喜んで
おられました。
私としてもお役に立ててとても嬉しい気持です。
以下は、喜びの声と共にご提供いただいた写真です。
1枚目が何もしていない、真っ白な花火写真。2枚目がつい最近にRAW画像した花火写真。

c0288212_204997.jpg

c0288212_112911.jpg

by ikinari_raw | 2015-10-04 20:53

086 スーパームーンの赤いお月様

c0288212_18415158.jpg

c0288212_18425182.jpg


スーパームーンの赤いお月様です。いかにもニコンらしく大変にくすんだ写真です。
これを見た目と(実際と)かけ離れない範囲内で、クリアな写真にしてみます。
このRAW画像の詳細は下記です。
http://www.joytothecamera.com/RAW_086

なお、上記の写真クリックするとやや大きめの写真が表示されます。同様に詳細説明のURLを
クリックするとそのスライドが表示されます。しかし、その写真やスライドからこのブログに
戻ることはできません。恐れ入りますが、ブラウザの履歴にて戻って下さるよう、お願いしま
す。
by ikinari_raw | 2015-10-04 18:44

085 CameraRawのHDR機能にも疑問符が

RAW画像解説書「いきなりRAW画像」の中で、HDR機能も期待したほどでは無いと書きました。
批判的な内容なので、責任上、追試してみました。
やはりその通りだと思います。
この詳細は下記をごらんください。
http://www.joytothecamera.com/RAW_085/

c0288212_2240951.jpg

by ikinari_raw | 2015-10-02 22:40

084 レフ板の当てミスを部分補正で正す

逆光下にてのポートレート撮影にはレフ板を使用することが多いでしょう。しかし、この使い方は結構難
しい。そのミスを部分補正で正した一例です。
なお、明るさというのは相対的なことなので、人物を明るく見せるように、同じ手法で空の部分を暗くし
た方法も紹介しています。
(この事例はあくまでも例であって本当にこのミスのまま採用写真にしたわけではありません)
詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_084/

c0288212_2243649.jpg

by ikinari_raw | 2015-10-02 22:11

083パノラマ機能はPhotoshopの方が優れている

c0288212_21485315.jpg

c0288212_2151181.jpg

c0288212_21515188.jpg

CameraRaw9より、パノラマ機能が追加になりました。確かに、RAW画像の工程の中でこの機能が使
えるのはいいことでしょう。しかし、PhotoshopのPhotomergeと比較してみるとその機能はかなり劣る
ようです。しかも、CameraRawで部分補正した内容が無視される(Photomergeは反映される)、デー
タ量が膨大です。
一番困るのは、頻繁に使う「同期(RAW画像の内容を他の画像に反映させる機能)」と同じプルダウンメ
ニューの中に有り、ショートカットキーが面倒という欠点もあります。無くてもいい機能だと思いす。

詳しくはhttp://www.joytothecamera.com/RAW_083/をご覧下さい。
by ikinari_raw | 2015-10-02 21:53