<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

057 いつの間にかアイコンのデザインが変更になっていた

c0288212_23211428.jpg

(この項の作成は2013年9月です)
PhotoshopCCの申し込みは5月であったので、まさかPhotoshopCCのアップグレードがあるなんて
考えてもいませんでしたが、なんとなく更新してみましたら、CameraRawのアイコンが変更になっ
ていました。
多少デザイン的に良くなったかもしれませんが、見慣れるのに少し時間が掛かってやや迷惑なこと
でした。
RAW現像の機能としては何も追加も変更もないようです。

なお、PhotoshopCCではなく旧版のPhotoshopCS6のCameraRawのアイコンもいつの間にかそれと
同じように変更になっていました。
で、これは何かあるのかとアドビ関連のサイトを見てみましたら、PhotoshopCS6でも新たな
CameraRawのアップグレードを実施し、新しいカメラを買ってもPhotoshopのアップグーレード
をする必要がないのとのこと。

私に言わせれば、Photoshop・CameraRawの最大の欠点は、「新たにカメラを購入する度に
CameraRawの更新=大抵の場合はPhotoshopのアップグレードをしなくてはない=カメラ以外にも
多額の出費を必要としていた」ということでした。
これからはPhotoshopCS6で新カメラを買ってもお金は掛からないらしいです。
しかし、既に新カメラ購入毎の費用も一つの理由としてPhotoshopCCにしたのである身からすれば、
今更そうなっても嬉しくないです。
まぁ、円形フィルター等のいい新機能もあるので、PhotoshopCCへの切り替えは失敗とは思っては
いませんが・・・。

詳しくはhttp://www.joytothecamera.com/RAW_57をご覧下さい。
by ikinari_raw | 2013-09-15 23:03

056 CC版の新機能の取り纏め

c0288212_18111585.jpg

PhotoshopCC、これに付随するCameraRaw、BridgeCCの新機能の使用感についてまとめてみま
す。

●CameraRaw関係
 (1)円形フィルター
    これはとても使い勝手がいいです。なによりも表現の幅が拡がった感があります。

 (2)アップライト機能
    以前の手作業による補正よりもとても便利になりました。但し、どのような場合には有効と
    いう訳ではありません。期待しすぎないように。

 (3)任意形状が可能となったスポット修正
    以前は円だけでとても使いにくいものでした。この必要があるときにはPhotoshop上のスポ
    ット修正ツールを使用していました。しかし、任意の形状の補正ができるようになり、大変
    使い勝手が良くなりました。Photoshopの同様機能を使う必要が無くなりました。
    但し、純写真としては写っている何かを消したり、コピーすることは問題があると考えます。
    せいぜい、芝生の上に落ちている小さなゴミを消去とか程度にしておくべきかと思います。

 (4)スポット修正でダストの表示が可能に
    今までは、撮像素子(CCD、CMOS)にダストが付着している時には、画像を大きく拡大
    して一々探し出す必要がありました。このダストを簡単に表示し確認できるようになりま
    した。もしもコンテストとか第三者に写真を提供する時にはとても楽になります。
    なお、この機能でダストが散見されるようになったら、直ぐにでもカメラメーカーのサー
    ビスセンターに行って、撮像素子の清掃(ローパス清掃)をして貰った方がいいでしょう。

●BridgeCC関係
 (5)  なんとBridgeCCから「出力」という機能が削除されてしまいました。アドビは何故にこの
    機能を無くしてしまったのでしょうか。全ソフトウェアをCC形式で契約している人の場合
    は他のツールで同じようなことができますが、PhotoshopCCのみの契約の人には大変に困
    った問題です。
    当面の対策としては、過去のPhotoshopCS5・同CS6は削除せずにいつでも使えるようにし
    ておくしかないです。
    PhotoshopCCから始めてBridgeCCを使い始める人には、対応策は無いです。

●PhotoshopCC
 (6)PhotoshopCCにCameraRawフィルター
    Photoshop上でも、RAW現像的な処理ができるようになりました。
    一見役立ちそうですが、Photoshop上で補正処理をしているということはRAW現像の方法
    を知らないのですから(PhotoshopとCameraRawは考え方も操作も大違い)、どのように
    使ったらよいのかちんぶんかんぷんの筈。
    またデータ形式はJPEGでしょうから、ビット数は8、ダイナミックレンジも低いですから、
    できることに限界があります。

 (7)スマートフィルター
    CameraRawのシャープネスはそれほど効果があるものではありません(それでもいいよ
    う撮る時にしっかりと撮っておくべきでしょう)。それを補完するという意味では役立ち
    ます。
    Photoshopのみで補正する方にとっては、従来のどのシャープ処理でも必ずノイズが発生
    してしまい、それを少なくするすべがありませんでしたから、その点ではスマートシャープ
    はお役立ちです。

以上のサンプル画面はhttp://www.joytothecamera.com/RAW_56をご覧下さい。



 
by ikinari_raw | 2013-09-15 18:12