<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

055 もう一度、スマートシャープ

c0288212_20462445.jpg

c0288212_2114732.jpg


先に、PhotoshopCCのスマートシャープを試してみて余りいい感じを持ちませんでした。
しかし、サンプルが適当ではなかったか、パラメータの与え方が良くなかったかもしれないと思い
ました。そこで、もう一度やり直すと同時に下記の3種類のシャープを試してみることにしました。

(1)CameraRawのシャープ
(2)PhotoshopCCのスマートシャープ
(3)PhotoshopCCのアンシャープ

結論的には、CameraRawのシャープは強くはありません。ですが、撮影時にっかりと撮っておけ
ば、この程度のシャープで充分でしょう。

PhotoshopCCのスマートシャープは、かなり強力です。しかも、CameraRawと同様ににシャープ
とノイズの関係を同時に目視できます。ピントは甘いけど、大事な写真を生き返らせるには大変に
有効かと思います。しかし、処理時間が掛かるので、特別の1枚に限定するか、パソコンを最速のも
にするか、あるいはバッチ処理でバックグラウンド処理に委ねるかです。
あるいは、ここに示した例で言えば、口・目・光り物等に限定して処理するとい方法もあります。

なお、スマートシャープを使用する上で一番大事なことは、「量」を大きくするよりも「半径=2」
とすることのようです。過去、シャープ処理にこのような大きな半径を使用したことがないので、
こうであるとは気がつきませんでした。

アンシャープマスクは、従来からあるシャープの方法です。比較的ノイズが少ないとは言われてい
ますが、CameraRawのシャープやスマートシャープよりはノイズが多いですし、最大の弱点はノ
イズを押さえる機能が無いことです。

詳しくはhttp://www.joytothecamera.com/RAW_55をご覧ください。
by ikinari_raw | 2013-08-03 20:54

054 複数枚写真のダストを効率良く除去する方法

c0288212_2016863.jpg

053話では、スポットの可視化を利用して、手早くダストを見つけて除去する方法を説明しました。
ここでは、スポットの可視化と共に同期や複数枚の写真を同時指定して、より効率的にダストを除去
する方法を説明します。
詳しくはhttp://www.joytothecamera.com/RAW_54をご覧下さい。
by ikinari_raw | 2013-08-01 20:19

053 新機能・スポットの可視化

c0288212_12531399.jpg
c0288212_1183727.jpg

特に風景写真の場合は、絞り込んで撮影することが多ために撮像素子であるCCD(今はCMOS)に付
着したダストや結露の跡等が写真に写り込みやすく、しかも青空等のフラットな部分が多いのでので
これが目立ちます。
従来のCameraRawでもこれを除去することはできましたが、そのダスト等をモニター画面を目視で
探さねばならず、面倒もあり、目の健康にも良くありませんでした。
CC版では、スポット修正の項に「スポットを可視化する」の機能が追加されて、この探し出しが大変
に楽になりました。この方法でゴミ等を探してみると、こんなにもあったのかと驚かされるほどです。
この事例をhttp://www.joytothecamera.com/RAW_53に掲載しましたのでご覧下さい。
by ikinari_raw | 2013-08-01 11:09