カテゴリ:未分類( 104 )

104 RAW現像マジック2017 発売のお知らせ

RAW現像解説書の第4冊目として「RAW現像マジック2017」を作りました。今回はRAW現像ソフト・アドビ

CameraRawの機能項目順の説明は止めて、誰しも撮りがちな写真約70の事例を元にRAW現像を説明していま

す。

何らかの理由による撮り損な写真、思い入れも無く何となく撮った写真、まじめにキチンと撮ってはいるもの

有りの写真を本解説書に従ってRAW現像をすると、驚くほどにもピカピカのいい写になる、まるでマジッ

クのよう、それを解説した(マジックの種明かし)という内容です。


本解説書をお読みになられる方はご自身の写真・カメラに対しての問題意識や改善の意欲が強いと思いますので、

極めて詳細な解説文としたために本文は930ページ(PDF形式)、実例は約70以上(例示のみを含む)、サン

プル画像は88点(練習用のRAW画像データ及び完成イメージのJPEG)、ワンクリックのみで全体補正が完成す

るプリセットは36種類、総データ量は約2GBとかなりのボリュームとなっています。

私独自の「逆順RAW現像法」及び関連するPhotoshopCC2017の使用法補も詳しく説明し

ています。先ずはダウンロード版からの発売です→http://www.bookus.jp

この概要は→http://www.joytothecamera.com/RawMagic2017/でご覧いただけます。

(スマホの場合→http://www.joytothecamera.com/RawMagic2017.pdf)。


なお、本解説書を有効に活用するためにはRAWデータが書き込めるデジカメ及びPhotoshopCC2017、これに

付属しているBridgeCC及びCameraRawが作動するパソコン環境が必要です。



発売サイト:「ブック明日ストア」 http://www.bookus.jp

内容: PhotoshopCC2017の付属CameraRawのRAW現像解説書

構成: ①PDF形式の本文 930ページ 

    ②サンプル画像88点

     (練習用のRAW画像、完成イージのJPEG画像)

    ③1クリックのみで全体補正が完成するプリセット 36点 

価格: 2.000円+消費税

概要:(PC版)http://www.joytothecamera.com/RawMagic2017/

   (PC及びスマホ版)http://www.joytothecamera.com/RawMagic2017.pdf

購読対象:これからRAW現像を始める方、

     かつてRAW現像したが途中で辞めてしまった方

環境条件:PhotoshopCC2017及びその付属ソフトのCameraRawを使用できる環境 


なお、既に旧版のCameraRawある程度のRAW現像をされている方用としてバージョンアップの内容のみ説明した「いきなりRAW現像・増補版」を同時発売いたしました。

内容: PDF形式にての112ページ 

価格: 1.000円+消費税



by ikinari_raw | 2017-01-10 23:54

103 雨と夜の野外ステージ写真のRAW現像

ナマステ・インディア2016にて、Guru Gajendra Kumar Panda&三浦知里さんによる東インド古典舞踊オディッシー の公演がありました。これは東京では初めてのことであり、恐らく二度とは見ることができない貴重な踊りと思いましたが、代々木公園の舞台照明は非力なタングステンライト、しかもかなりの降雨という状況で撮影した写真はくすんでぼんやりしたものとなり、踊りの素晴らしさとはかけ離れたものとなってしまいました。私なりにRAW画像したのかについて説明します。なお、本項は三浦知里さんのご了諾の下、掲載いたしております詳細は下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_103/
c0288212_1275034.jpg
by ikinari_raw | 2016-11-01 13:24

102 変形ツールのオフセット機能の使い方

第99項にて、変形ツールのオフセット機能って何に使うの?と疑問を呈しました。
しかし、Photoshop本体の「コンテンツに応じて塗りつぶす」を使用することを前提とすれば、その
活用価値はあります。

「コンテンツに応じて塗りつぶす」の機能・使用方法は下記にて説明しています。どうぞご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_102/
今回も桜井夕香さんhttp://ameblo.jp/sakuraiyuuka0111の写真を使用しています。
c0288212_00264.jpg

by ikinari_raw | 2016-08-10 00:00

101 紫色の問題

デジタルカメラにての紫色の正確な再現は難しいと思います。たまたま先の事例で傘が紫色であっ
たので、この問題を取り上げてみたいと思います。
補正後の傘の色は、ほぼ本紫色でこの写真としての全体的な色のバランスとしては問題はありませ
んが、実際にこの傘を目視した感じでは、江戸紫に近いのです。もしもその江戸紫でなければなら
い限定された場合、果たして合わせられるのでしょうか。
結果的には、この項はその答えを示すことができませんでした。
但し、他の色を変えずの当該の色を変える、またはある部分の色を変える方法をご理解いただくこと
はできる内容となっています。
この詳細は下記をご覧ください。
http://www.joytothecamera.com/RAW_101/

c0288212_23281635.jpg
c0288212_23454638.jpg
by ikinari_raw | 2016-08-09 23:27

100 和服モデルさん写真のRAW現像

他の方にすれば100回目は直ぐでしょう。私は余り書き込みができないので、100回目とは大事です。
よって(1)RAW現像の結果が華やかでキレイ、(2)RAW現像効果があり(ボツに近い写真を救う)、
(3)主要項目を殆ど使うという写真としたいと思いました。そこで数ヶ月前に撮影させていただいた
桜井夕香さんの写真を事例とさせていただきました。
http://www.joytothecamera.com/RAW_100

なお、桜井夕香さんのご活躍の詳細は下記をご覧下さい。
http://ameblo.jp/sakuraiyuuka0111

c0288212_2323134.jpg
c0288212_233415.jpg
by ikinari_raw | 2016-08-09 23:08

099 CameraRaw9.6 変形フィルター

c0288212_039871.jpg
c0288212_039495.jpg
2016年6月当初にCameraRaw9.6に『変形フィルター』という機能が追加されました。
全く新たな機能ということでは無く、レンズ補正にあった変形機能をひとまとめにし、変
形フィルターとしてメインのメニュー(アイコン)の中に入れ、ガイド付き補正とオフセット
が追加されただけです。
それだけなのですが、
(1)今まで色収差除去やレンズプロファイルの設定と同時にできた角度補正や拡大が
別の項目となってしまい、手間が増えそう。
(2)CameraRawの解説書が役に立たなくなつてしまうのではないかと懸念しています。

詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_099
by ikinari_raw | 2016-06-16 00:41

098 補正ブラシの塗り残しの確認方法

当ブログの第075項「お肌を整える」及びRAW現像解説書「いきなりRAW現像」にて、
補正ブラシの使用方法を説明していますが、補正ブラシはフリーハンド作業なので、
どうしても塗りむら(なぞりむら)が生じやすいのです。しかし、その確認方法の説明
をし忘れていまたので、ここに掲載します。

それは下記の方法で簡単に行うことができます。
(1)カラーピッカーの中の「影響を受けない領域」を選択する
完璧を期すならば・・・
(2)カラーピッカーの中の「明るさ」を最小にし、不透明度を最大にする

詳細は下記をご覧下さい。
http://www.joytothecamera.com/RAW_098

c0288212_1565621.jpgc0288212_1562762.jpgc0288212_1555082.jpgc0288212_1541277.jpg
by ikinari_raw | 2016-06-12 15:07

097 v9.5より背景色が変更になったこと

2016年3月中旬にCameraRawのバージョンが9.5となりました。機能的な変更は無いも
のの、下記の例の1枚目・2枚目のあるように、文字の部分の背景色がほとんど白に近いグ
レー(RGB各236)から、その真逆のほとんど黒に近い色(RGB各83)となりました。
(下記の例の1枚目・2枚目)

関連するBridgeCCと似たような色にしたのか、Lightroomを含めていくつかあるRAW現像
アプリと同じようにしたかったのか(下記の例の3枚目)。あるいは、黒背景の方がカッコイイ、
重厚感があると考えたのか・・・。継続的にCC方式の料金を頂く手前、何かしなくてはいけな
いとか・・・。

理由がいずれにせよ、黒背景で文字の白抜きにより文字が読みにくくなってしまったと感じ
ています。

背景色の変更などよりも先に、、矩形フィルターを作るとか、測距点(フォーカスポイント)
を表示するとかをして欲しいと思います。

なお、画像の周囲の色は変更できますが、文字の背景の色と同じ色にはなりません。
背景色の変更もできません。
c0288212_2239049.jpg
c0288212_22391884.jpg
c0288212_22402691.jpg

c0288212_22405699.jpg
by ikinari_raw | 2016-04-05 22:43

096 境界線ワープを試してみると

※少し大きめの画像で詳細説明をご覧なりたい方は、下記をクリックしてください。
http://www.joytothecamera.com/RAW_096/

1月末にCameraRawのバージョンが9.4となり、ここでパノラマに「境界線ワープ」という機能が追加
になりました。パノラマ処理した際に、どうしても空白部分が生じざるを得ず、この解決としては、その
内側でトリミングするか、コンテンツに応じて塗りつぶすを上手に使うかする必要がありました。
しかし、「境界線ワープ」を使えばその必要性が無いということです。

これが使える機能なのかどうか、試してみました。
結論としては、画像が歪む(その歪み具合が面白いと言うほどでもない)、個別にRAW現像した内容
が失われることは従来通りであり、余り使い勝手が良いとは思えません。
これならば、Photoshop本体にある「Photomerge」を使用した方がまだましです(だからと言って
Photomergeが万全という訳ではありません)。

ということなので、本項に限りお読みいただく必要はありません。著者としては一応機能のチェックを
しましたという程度です。
c0288212_23374744.jpg

c0288212_2348544.jpg

c0288212_2349958.jpg

c0288212_23495673.jpg

c0288212_2350152.jpg

c0288212_23512252.jpg

c0288212_23535336.jpg

c0288212_2354277.jpg

by ikinari_raw | 2016-02-17 23:42

095 ヒストグラムの▲マークについて(その2)

※少し大きめの画像で詳細説明をご覧なりたい方は、下記をクリックしてください。
http://www.joytothecamera.com/RAW_095/

前項でヒストグラムの▲マークについては、気にしなくてよい、むしろこれにこだわるとRAW現像でき
ないと書きました。但し、ほんの少しの事例で断定してはいけないと思いまして、さらにいくつかの画
像でその通りであるかを検証してみました。結論としてはその通りでした。
c0288212_23584167.jpg

c0288212_23591477.jpg

c0288212_23593523.jpg

c0288212_00447.jpg

c0288212_01286.jpg
c0288212_004643.jpg

by ikinari_raw | 2016-01-15 00:01